利用規約

ViZiMO 利用規約

  • 日付:平成19年7月30日

    ViZiMO 利用規約 -クローズドβ版-

     ViZiMOへお越しいただき誠にありがとうございます。ユーザーのみなさまが株式会社マイクロビジョンの提供するViZiMOを御利用する際には、以下に定める利用規約に同意し遵守していただくことになります。ViZiMOを御利用する前に必ず御一読をお願いいたします。

    • (用語の定義)
      • 第1条 ViZiMO利用規約では使用する用語を以下のように定義します。
      • 1)「ViZiMO」とは、株式会社マイクロビジョンが提供するWebを使用したサービスです。コンテンツを作成するツール、日記やコンテンツなどを公開するwebページ、コンテンツをプレイするアプリケーションなど、本サービスを構成する要素の全てが「ViZiMO」に含まれます。
      • 2)「ユーザー」とは、会員・非会員を問わず、ViZiMOを利用されるすべてのお客様です。
    • (規約の適用)
      • 第2条 このViZiMO 利用規約は、ViZiMOの利用に対して適用されます。
      • 2 本規約とは別に株式会社マイクロビジョンが別途定める諸規定(以下、「諸規定」とします)は、それぞれ本規約の一部を構成するものとします。
      • 3 本規約と諸規定同士の内容が異なる場合には、最新の諸規定の内容が優先して適用されるものとします。
    • (規約の変更)
      • 第3条 株式会社マイクロビジョンはユーザーの了解を得ることなくこの規約および諸規定を変更できます。
      • 2 本規約を変更した場合は、ViZiMOの利用条件は、変更後のViZiMO利用規約によるものとします。
      • 3 変更後の規約および諸規定は、株式会社マイクロビジョンが別途定める場合を除き、ViZiMO のWebサイト上に掲示(以下、掲示とします)した時点より、効力を生じるものとします。
    • (通知・連絡)
      • 第4条 株式会社マイクロビジョンは、webサイトへの掲示や電子メールの送付、その他株式会社マイクロビジョンが適当と判断する方法により、ユーザーに対し、随時必要な事項を通知します。
      • 2 当該通知をViZiMOの掲示または電子メールで行った場合は、掲示した時点、または電子メールを発送した時点より効力を発するものとします。
      • 3 ユーザーが株式会社マイクロビジョンに対し連絡が必要であると判断した場合には、該当する窓口あてに電子メールまたは郵便を用いて連絡を行っていただきます。株式会社マイクロビジョンは、原則として電話、来訪によるご連絡はお受けいたしかねます。
    • (知的財産権について)
      • 第5条 ViZiMOで扱われるすべてのコンテンツの著作者人格権はその著作者が有しますが、ユーザーは株式会社マイクロビジョン及び株式会社マイクロビジョンの指定する相手に対して著作者人格権を行使しないものとします。
      • 2 ViZiMOで扱われるすべてのコンテンツに関して、宣伝、利用促進、出版、マーケティング等を目的としてそれらの著作物を使用する場合、ユーザーは株式会社マイクロビジョンに対し、無償で非独占的に著作権法上のすべての権利に基づき使用(複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、改変を含む)する権利を許諾するものとします。
    • (コンテンツの内容に関する責任)
      • 第6条 株式会社マイクロビジョンは、事前にユーザーのコンテンツを検閲することはいたしません。しかし、株式会社マイクロビジョンが必要と判断した場合には、ViZiMOを通じて送信または発信されるコンテンツを削除または掲載場所変更することができるものとします。
      • 2 ユーザーはViZiMO内にて自己の作成した掲示板(日記、トピックなど)への書き込みと、第三者の書き込みに対する管理義務を負うものとします。また、当該書き込みについては、ユーザーが表示した情報と同様の適用を受け、株式会社マイクロビジョンも削除その他適切な処置を行う権利を有するものとします。掲示板内で紛争が起こった場合は、マイクロビジョンはなんら責任を負うものではなく、当該ユーザーは自己の責任で解決するものとします。
    • (広告主との関係)
      • 第7条 株式会社マイクロビジョンはViZiMO内の広告、懸賞、宣伝等よって行われる取引に起因する損害および広告、懸賞、宣伝等が掲載されたことに起因する損害については一切責任を負いません。
    • (同意事項)
      • 第8条 ViZiMOの利用に際しては、ユーザーは以下のすべての項目に同意したものとします。
      • 1)ViZiMOから配信される情報の解釈についてはユーザーが判断し、信頼性や正確性などについてはユーザーの責任において利用すること。
      • 2)ユーザーが、ViZiMOの利用にあたり、自己の費用と責任において通信機器・ソフトウェア・通信回線などユーザー側設備として必要なもの全てを用意すること。また、ViZiMOの利用に支障をきたさないよう、設備等を自己の責任において維持管理すること。
      • 3)ユーザーご自身に関する真実かつ正確なデータを株式会社マイクロビジョンが求めた場合は、真実かつ正確なデータを提供すること。またその登録データが常に真実かつ正確な内容を反映するものであるように適宜修正していただくこと。真実かつ正確なデータが提供されていないと株式会社マイクロビジョンが判断した場合には、株式会社マイクロビジョンは当該ユーザーのIDを削除し、将来に渡ってViZiMOを利用することをお断りする権利を有していること。
      • 4)法令に従って要請されたとき、または法律手続上必要な場合、本規約を遵守していただくために必要な場合、第三者の権利を侵害しているコンテンツに対するクレームに対応するために必要な場合、ViZiMOまたはユーザーの財産、権利、生命、業務等の安全や公益を守るために必要な場合など、株式会社マイクロビジョンが必要であると判断したときは、株式会社マイクロビジョンはコンテンツおよびコンテンツに係る情報を保存し、または開示すること。
    • (禁止事項)
      • 第9条 ViZiMOは、ユーザーが以下の行為を行うことを禁止いたします。
      • 1)ViZiMOにより利用しうる情報を改竄・消去する行為、または事実に反する情報を送信・掲示する行為。
      • 2)他のユーザーまたは第三者、もしくは株式会社マイクロビジョンの知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権等)を侵害する行為、またはそれらを侵害するおそれのある行為。
      • 3)他のユーザーまたは第三者、もしくは株式会社マイクロビジョンの名誉・信用を傷つける行為、またはそれらを傷つけるおそれのある行為。
      • 4)他のユーザーまたは第三者、もしくは株式会社マイクロビジョンのプライバシー・肖像権等を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
      • 5)他のユーザーまたは第三者、もしくはViZiMOに対して無断で広告・宣伝・勧誘などの電子メールを送信する行為、または受信者が嫌悪感を抱く電子メールを送信する行為、他者の電子メール受信を妨害する行為、連鎖的な電子メール転送を依頼する行為及び当該依頼に応じて転送する行為。
      • 6)詐欺等の犯罪行為を目的にした行為。または、それらを誘発する行為。無限連鎖講を開設し、またはそれを勧誘する行為。猥褻または児童虐待にあたる画像、文書などを送信・掲載する行為。その他犯罪に類する行為。
      • 7)未成年者の人格形成等に悪影響を与えるような行為。その他、未成年者を害するような行為。
      • 8)選挙運動またはこれに類似する行為、公職選挙法に違反する行為。
      • 9)コンピュータウィルスなどコンピュータのソフトウェア、ハードウェア、通信機器の機能を妨害、破壊等するように意図された有害なプログラム等を使用もしくは提供する行為、または推奨する行為。通常利用の範囲を超えてサーバーに負担をかける行為、及びそれを助長するような行為。
      • 10)他のユーザーまたは第三者になりすまして、ViZiMOを利用する行為。
      • 11)ViZiMOに接続されている他のコンピュータシステム又はネットワークへの不正アクセスを試みる行為。
      • 12)1人で、複数の会員登録を行う行為。1つのアカウントを複数人で利用する行為。アカウントを第三者に利用させたり譲渡したりする行為
      • 13)他のユーザー又は第三者、もしくは株式会社マイクロビジョンに不利益を与える行為。
      • 14ViZiMOの利用権利その他本規約に基づく権利または義務の全部または一部を第三者に譲渡し、または担保に供する行為。
      • 15)ViZiMOの運営を妨げるような行為。
      • 16)無断で商業用の広告・宣伝として利用する行為、およびその準備を目的とした利用行為。ただし、株式会社マイクロビジョンが別途承認した場合は、承認の範囲内で商業用の広告・宣伝に関する活動を行う事ができるものとします。
      • 17)サービスもしくはソフトウェアまたはそれらに包含される内容を再利用する行為。
      • 18)前各号に定める行為を助長する行為。
      • 19)その他、株式会社マイクロビジョンが不適切と判断した行為。
    • (免責事項)
      • 第10条 以下のような事態が発生したとしても株式会社マイクロビジョンは一切の責任を負う事はありませんし、保証を行うこともありません。
      • 1)株式会社マイクロビジョンは、ViZiMOの利用に関してユーザーが被った損害又は損失などについては、一切の責任を負わないものとします。株式会社マイクロビジョンは、ユーザーがViZiMOを通じて得る情報などについて、その完全性、正確性、確実性、有用性など、いかなる保証も行わないものとします。
      • 2)株式会社マイクロビジョンは、必要と判断した場合には、ViZiMOのサービス内容を変更、停止または終了することができるものとし、株式会社マイクロビジョンはユーザーに対して一切責任を負わないものとします。
      • 3)株式会社マイクロビジョンは、ユーザーが提供した情報等が第9条の禁止事項に違反すると判断した場合、株式会社マイクロビジョンの判断により、ユーザーに通知することなく当該情報等を消去することができるものとし、株式会社マイクロビジョンは消去理由を開示する責を負わないものとします。
      • 4)株式会社マイクロビジョンは、ユーザーが提供した情報等を監視または消去する義務を負うものではなく、また、株式会社マイクロビジョンがユーザーの提供した情報等を消去しなかったことによりユーザーまたは第三者が被った損害に関し、一切責任を負わないものとします。
      • 5)ViZiMOを利用してダウンロード等の方法で入手する場合、ダウンロード等を行うことを含めてユーザーご自身の責任で行っていただくものとし、株式会社マイクロビジョンは一切の責任を負わないものとします。
      • 6)ViZiMOから他のwebサイト等へリンクしてある場合、株式会社マイクロビジョンはそれらの利用については一切の責任を負わないものとします。
      • 7)株式会社マイクロビジョンは、ユーザーがViZiMOの利用によって、他のユーザー又は第三者に対して損害を与えた場合、その一切の責任を負わないものとします。
      • 8)株式会社マイクロビジョンは、基本的にユーザー同士の通信や活動に関与しません。万一ユーザー同士の衝突があった場合も、原則として当事者同士で解決するものとし、株式会社マイクロビジョンはその責任を負わないものとします。
      • 9)株式会社マイクロビジョンが必要と判断した場合には、株式会社マイクロビジョンは、当該ユーザーのID、アカウント等を無効とし、関連する情報や保存しているファイルを削除するとともに当該ユーザーが将来にわたって、当該情報、ファイルおよびサービスにアクセスすることを禁止する場合、当該ユーザーおよびその他のユーザーに損害が発生したとしても、株式会社マイクロビジョンは一切の責任を負わないものとします。
      • 10)株式会社マイクロビジョンはIDならびにパスワードの漏洩、不正使用などから生じた損害については一切保証いたしません。IDならびにパスワードを利用して行われた行為の責任は当該IDを保有しているユーザーの責任とみなします。万一、許可なく自分のIDが第三者に利用された場合、またはIDならびにパスワードが第三者に漏洩してしまった場合にはただちに株式会社マイクロビジョンにご連絡ください。
      • 11)ユーザーがViZiMOを媒体として他人に開示、提供または送付するコンテンツの内容に関する責任は、ユーザーご自身が負います。株式会社マイクロビジョンはユーザーに代わって責任を負うことはありません。
      • 12)株式会社マイクロビジョンは、ユーザーが使用するいかなる機器、ソフトウェアについて、その動作保証を一切行いません。
      • 13)ViZiMO利用の際に発生した、電話会社又は各種通信業者より請求される接続に関する費用は、ユーザーが自己責任において管理するものとし、株式会社マイクロビジョンは、いかなる責任も負わないものとします。
      • 14)テストサービス、本サービスを問わず、ユーザーがViZiMO内で制作した作成、日記などのデータが何らかの原因で消滅した場合でも、株式会社マイクロビジョンは、いかなる責任も負わないものとします。
    • (サービスの終了)
      • 第11条 株式会社マイクロビジョンは、ユーザーに通知の上、ユーザーに対するViZiMO及びViZiMOの一部を変更・停止中止終了することができるものとします。
      • 2 マイクロビジョンは前項の通知をすることなくユーザーに対するViZiMO及びViZiMOの一部を変更・停止中止終了することができるものとします。
    • (通信の秘密と個人情報の保護)
      • 第12条 株式会社マイクロビジョンは関係法令に基づき、ユーザーの通信の秘密を守るものとします。株式会社マイクロビジョンは、ViZiMOの提供を通して知り得たユーザーの個人情報を次の各号の場合を除き、第三者に開示しないものとします。
      • 1)情報提供について本人の同意がある場合。
      • 2)法令に基づく場合。
      • 3)人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であると株式会社マイクロビジョンが判断した場合。
      • 4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために、必要がある場合であると株式会社マイクロビジョンが判断した場合。
      • 5)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けたものが法令の定める事務を遂行することに対し協力する必要があると株式会社マイクロビジョンが判断した場合。
      • 6)ViZiMOのサービス向上等の目的で個人情報を集計及び分析等する場合。ViZiMOの営業譲渡が行われ、譲渡先に対して法的に権利義務一切が引き継がれる場合。
      • 7)株式会社マイクロビジョンがViZiMOの運営をするにあたり、法律上・契約上の守秘義務を負わせ、その者に開示する場合。
    • (損害賠償の請求)
      • 第13条 ユーザーがViZiMOを利用することにより、株式会社マイクロビジョンに損害を与えた場合、株式会社マイクロビジョンは該当ユーザーに対して損害賠償の請求を行う場合があるものとします。
    • (準拠法・管轄裁判所)
      • 第14条 本規約に関する準拠法は、日本法とします。
      • 2 ユーザーと株式会社マイクロビジョンは、本規約に関連する紛争について、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。