ViZiKITの使い方

基本的な操作

起動時の画面構成

初回起動時はまず3つのウィンドウが表示されます。

起動時の画面
  • 上の画像の一番奥表示されている大きいウィンドウが「メインウィンドウ」になります。
  • その他、左上に「素材パレット」、右下に「視点操作ウィンドウ」があります。
  • 素材パレットよりオブジェクトを選択して、メインウィンドウにドラッグ&ドロップする事により、オブジェクトを配置してViZiルームを作成します。
  • 起動時に「テンプレートを使用しますか?」と聞かれます。「はい」を選択すると、出来合いのViZiルームを土台としてそこから、ViZiルームの編集を始められます。

メインウィンドウ

メインウィンドウ
  • ViZiルームを作成するメインウィンドウです。
  • オブジェクトの選択、移動、回転操作を行います。
  • 素材パレットよりオブジェクトをドラッグ&ドロップする事により、オブジェクトを任意の位置に配置できます。
  • 様々なオペレーションが可能なメインメニュー、ツールバー等を装備しています。

メインウィンドウ内でマウス操作により視点を操作できます。

  • マウス右ボタンドラッグ … 視点を回転します。
  • マウス中ボタンドラッグ … 視点を移動します。
  • マウス左+右ボタンドラッグ … 視点を移動します。
  • マウスホイール … ズームイン/ズームアウトを行います。

素材パレット

メニューの[表示][素材パレット]より表示/非表示の切り替えが出来ます。(初期設定では表示されています)

素材パレット
  • 左のリストから、アイテムのジャンルを選択
  • 右のリストに表示されるオブジェクトのアイコンを、編集画面内にドラッグ&ドロップするとオブジェクト配置
  • オブジェクトを右クリックすると、色などの素材を変更するためのメニューが表示されます。

視点変更ウィンドウ

メニューの[表示][視点操作]より表示/非表示の切り替えが出来ます。(初期設定では表示されています)

視点変更ウィンドウ
  • コンパスを動かすとY軸周りに画面が回転。
  • 右スライダーで見下ろし角度変更。
  • 左スライダーでズーム
  • 矢印ボタンで画面移動
  • ターゲットボタンで選択中のオブジェクトを注視
  • リセットボタンでデフォルトの始点に戻す

オブジェクトの操作

オブジェクトの操作
  • オブジェクトをマウスでドラックすると、移動することが出来ます。
  • 3方向に伸びた矢印をドラックすると、その方向にのみ移動します。
  • 矢印の中ほどにある、回転した矢印をドラッグすると、その軸を中心としてオブジェクトが回転します。
  • オブジェクト中央の球形をドラッグすると、オブジェクトが拡大縮小します。

ツールバー

ツールバー
  • 元に戻す … 操作を一つ前の状態に戻す。
  • やり直し … 操作を元に戻す。
  • コピー … 選択中のオブジェクトの複製を作る。
  • 削除 … 選択中のオブジェクトを削除する。
  • オブジェクト管理ウィンドウ … オブジェクト管理ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。
  • オブジェクト操作ウィンドウ … オブジェクト操作ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。
  • グリッド表示 … グリッドの表示/非表示を切り替える。
  • スナップ … オブジェクトの移動時にグリッドへのスナップする/しないを切り替えます。
  • オブジェクト当たり判定 … 編集時にオブジェクト同士のあたり判定をする/しないを切り替えます。
  • オブジェクト空中配置 … 編集時に、オブジェクトを空中に配置できる/出来ないの切り替えます。
  • スクリーンショットを撮影 … 編集画面内のスクリーンショットを作成します。作成されたファイルはvizikit/ScreenShotフォルダへ保存されます。

ViZiルーム設定

メニューの[ViZiルーム内容][ViZiルーム設定]よりViZiルーム設定ウィンドウが開きます。
ViZiルームのタイトルやViZiルーム中の背景・BGMや、キャラクターの能力や終了時のメッセージなどを指定できます。

ViZiルーム設定

ViZiルームの基本情報

  • タイトル … ViZiルームのタイトルをつけます。
  • 遊び方 … ViZiルームの説明文を記述します。ViZiMO Webに説明文としてアップされます。
  • ViZiルームタイプ … 通常ルーム/チャットルームを選択します。この選択により以下の項目の制限が変化します。
  • BGM … 用意された幾つかのBGMから選択する事が出来ます。
  • 背景 … 用意された幾つかの背景から選択する事が出来ます。
  • 参加人数 … ルームに参加できる最大人数を設定します。
  • 途中参加 … ルームに途中参加できるか否かを設定します。途中参加できるルームでは遊んでいる途中でも参加できるようになります。
  • 重力 … 重力の倍率を設定します。
  • イベント関連 … イベント/スコアボード/カウンターの有効無効を設定します。
  • シミュレーション精度 … ルームのシミュレーション精度を設定します。精度が高いほど、当たり抜け等を起こしづらくなりますが、パフォーマンスが低下する恐れがあります。

その他の設定項目 ~ 以下の項目は、プレイヤー全員又はプレイヤー個別に設定する事が出来ます。

  • キャラクター表示 … ViZiルーム内でキャラクターを表示するか否かを設定します。
  • キャラクター以外の操作 … ViZiルーム内でマウスドラッグによるオブジェクトの操作を可能にするか否かを設定します。
  • 基本の移動方法 … ViZiルーム内での基本の移動方法を設定します。
  • 視点 … 用意された幾つかの視点モードを選択する事が出来ます。キャラクターの操作方法にも変化があります。
  • ジャンプ … ViZiルーム内でキャラクターがジャンプできるか否かを設定します。
  • 蹴る … ViZiルーム内でキャラクターが蹴る事ができるか否かを設定します。
  • 掴む/投げる … ViZiルーム内でキャラクターが掴む/投げるをできるか否かを設定します。
  • 装備 … ViZiルーム内でキャラクターが装備できるか否かを設定します。
  • 移動速度歩き … ViZiルーム内でのキャラクターの歩く速度を設定します。
  • 移動速度走り … ViZiルーム内でのキャラクターの走る速度を設定します。
  • 筋力 … ViZiルーム内でのキャラクターの筋力を設定します。
  • 旋回速度 … ViZiルーム内でのキャラクターの旋回速度(振り向く速度)を設定します。
  • 終了時のメッセージ … ゲームオーバー又は敗北したプレイヤーに表示するメッセージを記述します。あわせて任意のスコアボードを表示する事が出来ます。
  • 勝利時のメッセージ … 勝利したプレイヤーに表示するメッセージを記述します。あわせて任意のスコアボードを表示する事が出来ます。

プレイモード

プレイモード
  • 作ったゲームを実際に遊んで、内容を確認するモードです。
  • ボタンを押すとプレイヤー1?4のリストが出るので、遊びたいプレイヤーを選択すると、ゲームが起動します。
  • ゲーム画面内に表示される「閉じる」ボタンを押すと、プレイモードを終了します。

公開する

公開する

作成したViZiルームをViZiMO Webで公開します。

公開ボタン
  • 「公開する」ボタンを押すと、今登録されているViZiルームが確認できます。
  • 新規に登録する場合は、「新規登録」ボタンを押します。
  • 既に登録済みのコンテンツを選択して、「編集」「削除」する事が出来ます。
  • 登録できる最大数は通常24個までです。
公開登録
  • 登録する際には「タイトル」「ジャンル」「コメント」と、サムネイル用の画像を登録することが出来ます。

その他の基本的な操作

オブジェクト操作ウィンドウ

メニューの[表示][オブジェクト操作]より表示/非表示の切り替えが出来ます。(初期設定では表示されていません)

オブジェクト操作ウィンドウ
  • 移動 … 位置を数値入力できます。
  • 回転 … 回転角度を数値入力できます。
  • 拡大縮小 … 拡大縮小率を数値入力できます。
  • 座標系モード 参照する座標系を変更できます。左下のボタンで変化します。
    • 移動 … 位置を数値入力できます。
    • 回転 … 回転角度を数値入力できます。

オブジェクト管理ウィンドウ

メニューの[表示][オブジェクト管理]より表示/非表示の切り替えが出来ます。(初期設定では表示されていません)
オブジェクトをグループ管理する事が出来ます。
オブジェクトを選択したり、編集中に非表示にしたり、編集ロックをかけたりする事が出来ます。
オブジェクトを物理的に接着、および接着解除をする事が出来ます。

オブジェクト管理ウィンドウ
  • 編集画面内に登録されているオブジェクトの一覧です。
  • オブジェクト名を編集できます。
  • オブジェクト名の頭についているアイコンを操作して、オブジェクトを一時的に非表示にしたり、編集できなくしたりできます。
  • グループ分けして階層化して管理することも可能です。
  • リスト内で選択されたオブジェクトは、編集画面内でも選択状態になります。
  • グループを選択して下の接着剤アイコンを押すとグループ内のオブジェクトを物理的に接着することが出来ます。接着済みグループを選択して再度アイコンを押すと接着解除されます。また、接着グループ内のオブジェクトであっても、物理運動をしないオブジェクトは接着されません。

オブジェクトプロパティ

メニューの[表示][オブジェクトプロパティ]より表示/非表示の切り替えが出来ます。(初期設定では表示されていません)
編集画面よりオブジェクトを選択して右クリックでも表示できます。

オブジェクトプロパティ
  • 編集画面内、もしくはオブジェクト管理ウィンドウでオブジェクトを右クリックすると、そのオブジェクトのプロパティが表示されます。
  • プロパティの内容を編集すると、ゲーム中のそのオブジェクトの挙動が変化します。
  • 質感 … オブジェクトの色や素材感を指定します。
  • 消滅後、自動で出現 … 落下などで消滅下場合に、初期位置に復活するかどうかを指定します。
  • マウス操作を許可する … ゲーム中に、マウスで直接操作できるかどうかを指定します。
  • 装備を不可にする … 装備が出来ないかどうかを指定します。チェックすると装備できなくなります。
  • 非表示にする … 非表示にするかどうかを指定します。チェックすると非表示になります。
  • センサーにする … センサーにするかどうかを指定します。センサーにすると挙動的には衝突しなくなりますが、衝突によるイベントは起こせるようになります。
  • 初期アクション … ゲーム開始時に特定のアクションをさせたい時に指定します。
  • 接触アクション … オブジェクト同士が接触した際に、特定のアクションをさせたい場合に指定します。(対象を指定することも可能です)
  • 接触対象 … 接触アクションを起こす接触対象を指定します。
  • 物理運動 … 物理運動をするかどうかを指定します。
  • 初期状態をアクティブ … ゲーム開始直後から動き始めるかどうかを指定します。チェックを入れていない場合は、他のオブジェクトが接触するまで物理運動を行いません。
  • 衝突判定 … 他のオブジェクトとの衝突判定を行うかどうかを指定します。
  • 総重量 … 重さを指定します
  • 摩擦の強さ … すべり難さを指定します。
  • 反発率 … 跳ね返りやすさを指定します。

ツールバー その2

メニューの[表示][操作モード]を[標準モード]にする事により、ViZiKITの機能が全て使用できるツールバーが表示されます。

ツールバー
  • 元に戻す … 初心者モードと同じ
  • やり直し … 初心者モードと同じ
  • コピー … 初心者モードと同じです。
  • 削除 … 初心者モードと同じです。
  • オブジェクト選択 … 移動操作をせずに、オブジェクトの選択だけを行います。
  • オブジェクト管理ウィンドウ … 初心者モードと同じです。
  • 選択して移動・回転・スケーリング … 初心者モード時の操作方法です。
  • 選択して移動 … オブジェクトの移動のみを行うモードです。
  • 選択して回転 … オブジェクトの回転のみを行うモードです。より細かな操作が可能になります。
  • 選択して拡大縮小 … オブジェクトの拡大縮小のみを行うモードです。一軸のみの拡大縮小が可能になります。
  • オブジェクト操作ウィンドウ … 初心者モードと同じです。
  • 参照座標系 … オブジェクトを操作する際の座標系をローカル座標系/ワールド座標系に切り替えます。 (初心者モード、及び初期設定ではワールド座標系です)
  • グリッド表示 … 初心者モードと同じです。
  • スナップ … 初心者モードと同じです。
  • オブジェクト当たり判定 … 初心者モードと同じです。
  • オブジェクト空中配置 … 初心者モードと同じです。
  • スクリーンショットを撮影 … 初心者モードと同じです。

メニュー

■ファイル

  • 新規作成 … 新規にViZiルームを作成します。
  • 開く … 保存してあるViZiルームを開きます。
  • 最近使用したファイルを開く … 最近開いたViZiルームを開きます。
  • テンプレートを使う … テンプレートのViZIルームを開きます。
  • 保存 … 編集中のViZiルームを保存します。
  • 名前を付けて保存 … 編集中のViZiルームを名前を付けて保存します。
  • 合成 … 現在のViZiルームに追加する形で保存してあるViZiルームを読み込みます。
  • 終了 … ViZiKITを終了します。

■編集

  • 元に戻す … 操作を一つ前の状態に戻す
  • やり直し … 操作を元に戻す
  • 削除 … 選択中のオブジェクトを削除する
  • コピー … 選択中のオブジェクトの複製を作る
  • 全てを選択 … 全てのオブジェクトを選択します。
  • 選択を解除 … 選択を解除します。
  • 選択を反転 … 選択状況を反転します。
  • グループ化 … 選択中のオブジェクトをグループ化します。
  • グループ解除 … 選択中のオブジェクトのグループを解除します。

■ViZiルーム内容

  • ゲーム設定 … ゲーム設定ウィンドウを開きます
  • カウンター設定 … カウンター管理ウィンドウを開きます
  • スコアボード設定 … スコアボード管理ウィンドウを開きます
  • イベント設定 … イベント管理ウィンドウを開きます
  • イベント作成ウィザード … イベント作成ウィザードを開きます
  • スクリーンショットを撮影 … 編集画面内のスクリーンショットを作成します。作成されたファイルはvizikit/ScreenShotフォルダへ保存されます。
  • プレビュー … シーンの物理挙動をプレビューします。
  • プレイモード … 作ったゲームを実際に遊んで、内容を確認します。
  • 公開する … 作成したViZiルームをViZiMO Webで公開します。

■表示

  • 素材パレット … 素材パレットウィンドウの表示状態を設定します。
  • オブジェクト管理 … オブジェクト管理ウィンドウの表示状態を設定します。
  • オブジェクトプロパティ … オブジェクトプロパティウィンドウの表示状態を設定します。
  • 視点操作 … 視点操作ウィンドウの表示状態を設定します。
  • オブジェクト操作 … オブジェクト操作ウィンドウの表示状態を設定します。
  • グリッド … グリッドの表示状態を設定します。
  • 操作モード … 操作モードを設定します。操作モードはメインツールバー等の表示状態に影響を与えます。
    • 初心者モード … 基本的な機能のみをツールバーに表示します。
    • 標準モード … 使える機能の全てをツールバーに表示します。
    • エキスパートモード … ツールバーを非表示にします。操作はショートカットキーで行います。

■設定

  • 環境設定 … 音量等の環境設定を行う環境設定ウィンドウを開きます。
  • ID・パスワード … ID・パスワードを再設定します。ログインのしなおしになります。

高度な操作

ViZiKITでは「イベント」「カウンター」「スコアボード」を使って、様々なイベントやルールを作成する事が出来ます。これらを使ってよりゲーム要素の高いViZiルームを作成する事が可能になります。


スコアボード、カウンター、イベントってなんだろう?

  • スコアボードとは、ViZiルーム内で使用できる変数です。表示してスコアにしたり、タイマーにしたり、体力ゲージにする事が出来ます。又表示しないで内部変数やフラグとしての使用も可能です。
  • カウンターとは、接触状況を監視するものです。カウンターから直接スコアボードの内容を変更する事が出来ますが、殆どの場合はイベントの起因として使われます。
  • イベントは、「?したら?する」のような、条件(トリガー)とそれを満たした時の行動(アクション)を設定できます。イベントからカウンター、スコアボードを参照して、それをトリガーにもアクションにも設定する事が出来ます。

スコアボード設定

    メニューの[ゲーム内容][スコアボード設定]により、スコアボード管理ウィンドウが開きます。

    • ここではスコアボードの管理を行います。スコアボードの「追加」「編集」「コピー」「削除」「グループ化」「グループ解除」を行う事が出来ます。
    • 新規に作成する場合は「追加」ボタン、既存のものを編集する場合は編集するスコアボードを選択の後「編集」ボタンを押してください。
    • グループ化で選択中のスコアボードをグループ化します。グループ解除で選択中のスコアボードをグループから外します。

    スコアボード編集
    • スコアボード名 … スコアボードの名前を設定します。
    • 初期値 … スコアボードの初期値を設定します。
    • 最大値 … スコアボードの最大値を設定します。
    • 種類 … 用意された幾つかの種類の中から選択します。
      • 得点板 … 通常の数字が表示されるスコアボードです。
      • メーター … 数値の代わりにメーターが表示されるスコアボードです。
      • タイマー(カウントアップ) … タイマー機能(自動的に時間で変動)が付いたスコアボードです。1秒に1づつ値が増加します。
      • タイマー(カウントダウン) … タイマー機能(自動的に時間で変動)が付いたスコアボードです。1秒に1づつ値が減少します。
      • 体力メーター … スコアボードを任意のキャラクターの体力メーターとします。
      • メッセージ … メッセージウィンドウを表示します。任意のメッセージ/文字色/文字の大きさ/ウィンドウタイプを指定することが出来ます。
    • 配置位置 … スコアボードを配置する位置を設定します。
    • 表示 … スコアボードを表示するか否かを設定します。
    • 動作有効 … スコアボードの動作を有効にするか否かを設定します。動作が無効になると、タイマー機能等が停止します。

カウンター設定

    メニューの[ViZiルーム内容][カウンター設定]により、カウンター管理ウィンドウが開きます。

    カウンター管理

    • ここではカウンターの管理を行います。カウンターの「追加」「編集」「コピー」「削除」「グループ化」「グループ解除」を行う事が出来ます。
    • 新規に作成する場合は「追加」ボタン、既存のものを編集する場合は、編集するカウンターを選択の後「編集」ボタンを押してください。
    • グループ化で選択中のカウンターをグループ化します。グループ解除で選択中のカウンターをグループから外します

    カウンター編集
    • カウンター名 … カウンターの名前を設定します。
    • 発動条件 … カウンターの発動条件を設定します
      • 監視対象 … カウンターの監視対象となるオブジェクトを設定します
      • 接触対象 … カウンターの接触対象となるオブジェクトを設定します
      • 条件 … 「接触」「アクション」の中から選択します。
        • 接触 … 監視対象と接触対象が接触した場合にカウンターが発動します。
        • アクション … 監視対象が何らかのアクションをした場合にカウンターが発動します。
    • スコアボード操作 … スコアボード操作に対する設定をします。スコアボードに影響を与えない場合は設定する必要はありません。
      • スコアボード … カウンターが発動した際に、値を変動させるスコアボードを設定します。
      • 増加量 … カウンターがスコアボードに影響を与える際の増加量を設定します。マイナスの値も設定できます。
      • 指定した値に変更 … カウンターがスコアボードに影響を与える際の値を設定します。
      • ランダムな値を設定 … カウンターがスコアボードに影響を与える際の値を設定します。最小値~最大値の間の整数がランダムに入ります。

イベント設定

    メニューの[ViZiルーム内容][イベント設定]により、イベント管理ウィンドウが開きます。

    イベント管理

    • ここではイベントの管理を行います。イベントの「追加」「編集」「コピー」「削除」「グループ化」「グループ解除」を行う事が出来ます。
    • 新規に作成する場合は「追加」ボタン、既存のものを編集する場合は、編集するイベントを選択の後「編集」ボタンを押してください。
    • グループ化で選択中のイベントをグループ化します。グループ解除で選択中のイベントをグループから外します。
    • ドラッグアンドドロップでイベントの順番を並び替える事が出来ます。イベントは常に上から順番に判定及び実行されます。

    イベント編集
    • イベント名 … イベントの名前を設定します。
    • トリガー … イベントの起因を設定します。トリガーは一つのイベントに複数持つ事ができ、イベント内のトリガーを全て満たした時、アクションが発動します。
    • トリガーの種類
      • キー入力 … プレイヤーのキー入力をトリガーにします。任意のプレイヤーの任意のキーを設定する事が出来ます。
      • カウンター … カウンターの発動をトリガーにします。
      • スコアボード … スコアボードの値をトリガーにします。スコアボードの値が任意の条件を満たす時に発動するように設定できます。
      • オブジェクト … オブジェクトの接触/アクションをトリガーにします。
      • プレイヤー設定 … プレイヤーのオブジェクト装備をトリガーにします。
    • アクション … イベントの効果を設定します。アクションは一つのイベントに複数持つ事ができ、条件を全て満たした時、全てのアクションが発動します。
    • アクションの種類
      • アクションオブジェクト … 任意のオブジェクトのアクションを起動します。
      • カウンター … カウンターの有効、無効を設定します。
      • スコアボード … スコアボードの値を変更できます。又、非表示にしたり動作無効にしたりする事も出来ます。
      • ゲームシーケンス … ゲームの終了、勝利などを設定します。終了はその場でゲーム終了となりますが、勝利は勝利フラグが立つだけです。勝利フラグが立った状態で終了すると、勝利で終了となります。

イベント作成ウィザード

    作成中ViZiルームに、ゲームのルールを簡単に指定するウィザードです。
    簡単な質問に答えていく形で、スコアボード、カウンター、イベントが自動生成されます。
    「格闘ゲーム」「レースゲーム」「アイテム集めゲーム」「球技」のルールから、イメージに近いものを選択して指定します。

    • 格闘ゲーム … 各キャラクターに体力メーターを付け、最後まで体力が残っていたキャラクターを勝利とするルールを生成します。
    • レースゲーム … ゴールとなる地点を設定して、そこに一番早くたどり着いたキャラクターを勝利とするルールを生成します。
    • アイテム集めゲーム … アイテムとなるオブジェクトを設定して、それらにキャラクターが触れると加点するします。任意時間で一番得点の高いプレイヤーが勝利します。
    • 球技 … ボールとして指定したオブジェクトを任意地点まで運ぶと加点されます。プレイヤーはチーム分けされ、最終的に得点の高いチームが勝利します。

オブジェクト

乗り物 - パーツ

      二輪車
  • “一輪車”“二輪車”の取り付け方
  • 「素材パレット」の「乗り物」フォルダ内にある「パーツ」フォルダの中に2種類の車輪オブジェクトがあります。 車輪を付けたい箇所に配置し、「オブジェクト管理」にて車輪を取り付けたいオブジェクトと同じグループに入れたら“接着”を行って下さい。
  • 動かす方法 … 「オブジェクトプロパティ」の初期アクション/接触アクションや、様々なイベントにて動作を指定できます。
    詳しくはテンプレートのサンプルフォルダ内にある“車輪サンプル(1).vwt”をご覧下さい。

動作補助 - ジョイント

      軸ジョイント
  • 取り付け方
  • 「素材パレット」の一番下にある「動作補助」フォルダの中、「ジョイント」フォルダ内に“軸ジョイント”と“球ジョイント”オブジェクトがあります。
    こちらを、繋げたいオブジェクトとオブジェクトの、“繋げたい箇所”に配置し、「オブジェクトプロパティ」から対象オブジェクトを設定すればジョイントが完了します。
    ※軸ジョイントの場合、ジョイントした軸の回転角度を「オブジェクトプロパティ」にて設定可能です。
  • ジョイントオブジェクトの配置場所について
  • 物体Aと物体Bをジョイントオブジェクトで繋げる場合、AとBは直接繋がるのではなく、一度ジョイントオブジェクトを経由して繋がります。
    ですので、AとBがすぐ隣に配置されている場合に、ジョイントオブジェクトがA、Bから離れたところに配置されているのと、AとBのちょうど間に配置されているのでは、実行時の挙動が大きく異なります。ジョイントオブジェクトを使用する際は、オブジェクトの配置を考えて作成してみて下さい。

動作補助 - エンジン

      ジェットエンジン
  • 取り付け方 … 「素材パレット」の一番下にある「動作補助」フォルダの中、「エンジン」フォルダ内に4種類のエンジンオブジェクト(ジェットエンジン/回転用エンジン/移動用エンジン/浮上用エンジン)が入っています。 動力を働かせたい箇所に配置し、「オブジェクト管理」にてエンジンを取り付けたいオブジェクトと同じグループに入れたら“接着”を行って下さい。
  • 動かす方法 … 「オブジェクトプロパティ」の初期アクション/接触アクションや、様々なイベントにて動作を指定できます。
    詳しくはテンプレートのサンプルフォルダ内にある“エンジンサンプル(1).vwt”と“エンジンサンプル(2).vwt”をご覧下さい。
  • 移動用エンジンとジェットエンジンの違い … 移動用エンジンをオブジェクトに接着した場合は、接着箇所が何処であろうとそのオブジェクトの重心に対して、水平方向にのみ力が加わるのですが、ジェットエンジンの場合は接着した箇所に対して、あらゆる方向に力が働きます。ですので、接着する場所と角度が非常に重要になります。

ショートカット一覧

ファイル操作

  • Ctrl+O … ファイルを開く
  • Ctrl+N … 新規作成
  • Ctrl+S … 保存
  • Shft+Ctrl+S … 名前を付けて保存
  • Ctrl+U … 公開する
  • Alt+F4 … ViZiKITを終了

編集操作

  • Ctrl+Z … 元に戻す
  • Ctrl+Y … やり直し
  • Ctrl+C … コピー
  • Del … 削除
  • Ctrl+A … 全選択
  • Ctrl … 複数選択
  • Ctrl+G … グループ化
  • Ctrl+H … 選択中のオブジェクトを非表示/表示に切り替える
  • Ctrl+B … 全てを表示
  • Ctrl+P … プレビューモードに移行して再生開始
  • カーソルキー … 選択中のオブジェクトをスクリーン平面にあわせて移動する
  • Q … 選択
  • T … 選択して、移動、回転、拡大縮小
  • W … 選択して移動
  • E … 選択して回転
  • R … 選択して拡大縮小
  • D … 参照座標系の切り替え
  • G … グリッド表示の切り替え
  • S … スナップの切り替え
  • C … オブジェクト当たり判定の切り替え
  • A … オブジェクト空中配置の切り替え
  • Ctrl+Q … スクリーンショットを撮影

プレイモード

  • Ctrl+1 … プレイヤー1で実行
  • Ctrl+2 … プレイヤー2で実行
  • Ctrl+3 … プレイヤー3で実行
  • Ctrl+4 … プレイヤー4で実行

プレビュー時操作

  • Ctrl+P … 最初から再生
  • Shift+Ctrl+P … 一時停止
  • Ctrl+E … プレビュー終了

ウィンドウ操作

  • F1 … 素材パレットの表示切替
  • F2 … オブジェクト管理ウィンドウの表示切替
  • F3 … オブジェクトプロパティの表示切替
  • F4 … 視点操作ウィンドウの表示切替
  • F5 … オブジェクト操作ウィンドウの表示切替
  • F9 … ゲーム設定ウィンドウを開く
  • F10 … カウンター管理ウィンドウを開く
  • F11 … スコアボード管理ウィンドウを開く
  • F12 … イベント設定ウィンドウを開く